[ スポンサードリンク ]


人気のカテゴリー
  1. ハワイってどんな島?ハワイってどんな島?
    ハワイ島の魅力がわかります。
  2. ハワイの生活ハワイの生活
    ハワイでの生活に大切な情報はここ…
  3. ハワイに移住しよう!ハワイに移住しよう!
    ハワイに移住しようと決めたら…
  4. ハワイで会社設立しよう!ハワイで会社設立しよう!
    ハワイで会社を設立する時は…

ISLAND


ハワイの島々

常夏の楽園、ハワイには年間600万人以上もの観光客が訪れます。ハワイの気候や風土、環境にふれれば誰しも「一度は住んでみたい」と思うでしょう。では、一体どのような島があるのか・・・ご存知ですか? ハワイにはたくさんの島々があり、小さな島を含めるとその数なんと100以上。その中から自分に見合った移住先を選ぶのは・・・至難の技。そこで、今回は“主要8島”とされる島々を紹介していきます。移住を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ニイハウ島
カウアイ島
オアフ島
モロカイ島
ラナイ島
マウイ島
カホオラヴェ島
ハワイ島

オアフ島

 

オアフ島は世界有数のリゾート地、ハワイの中心として発展を遂げた島です。州都ホノルルもあり、ハワイ経済&政治の中心地とされてきました。

 

ハワイの玄関口とも呼ばれ、年間500万人以上の観光客がオアフ島を訪れます。オアフ島の魅力といえば・・・安定した気候と豊かな自然、そして利便性の良さにあるでしょう。また、サーファー憧れの地“ノースショア”も有名です。観光としてはもちろん、コンドミニアムも多いので移住先としても人気の高い島となっています。


ハワイ島

 

ハワイ諸島の中でもっとも大きく、別名“ビッグ・アイランド”とも呼ばれています。四国の約半分の大きさ・・・といえばその規模がわかるでしょう。

 

ハワイ島には州最高峰マウナ・ケアや噴火を続けるキラウエア火山など、手付かずの自然が数多く残っています。島の左側にはコーヒーで有名な“カルイア・コナ”、西側には日系人によって開発された都市“ヒロ”もありますよ!


マウイ島

 

マウイ島はオアフ島の次に発展した島・・・ということもあり、リゾート開発も進んでいます。

 

しかし、もともとは2つの火山島が地殻変動によって1つになった島。よって、マウイ島には手付かずの自然が数多く残っています。開発されたところもあれば、自然もしっかり残っている・・・そんな2つの顔を持った島といえるでしょう。また、“風の島”とも呼ばれウィンドサーフィンが盛んに行われています。鯨の生態を観察できるホエールウォッチングもあり、アクティビティに不自由しません。


カウアイ島

 

カウアイ島は、ハワイ諸島の中で最初に誕生したとされる島です。

 

波の浸食によって造りだされたダイナミックな自然・・・その美しさに魅了されること間違いなし。また、美しい山&滝があるのでハイキングにもいいでしょう。自然の美しさを堪能する以外にも、カヤックやトレッキングなどを楽しむことができますよ! 大自然の中でゆっくり生活したい・・・という人にはオススメの移住地です。


ニイハウ島

 

ニイハウ島は英国からの移住者エリザベス・シンクレアが1万ドルで購入した島ですが、現在はその子孫(ロビンソン一族)が所有しています。よって、島に出入りできるのはロビンソン家の人々もしくはカウアイ郡の関係者のみ。

 

一般人に関しては、移住はもとより観光に訪れることもできません。残念ですが、ニイハウ島への移住は不可能といえるでしょう。


モロカイ島

 

モロカイ島は、別名“友情の島”とも呼ばれています。他の島に比べて観光スポットはそう多くありません・・・が、ゆっくりと自然を堪能できるいわば“大人のリゾート”です。

 

ハワイといえばビーチですが、モロカイ島にはあまり存在しません。マリンスポーツというよりは、むしろ釣りやアウトドア向けの島といえるでしょう。都会の喧騒から離れて、心身ともにリラックスしたい・・・という人にオススメの島です。


ラナイ島

 

ラナイ島はマウイ島の西15kmに浮かぶ、人工わずか2,000人程度の小さな島です。“静寂の島”という愛称どおり、とても静かな島といえるでしょう。

 

もともとはドール社がパイナップルのプランテーションのために開発した島でした・・・が、後にリゾートホテルやゴルフ場が建設され今では世界屈指のリゾート地へと変貌を遂げました。しかし、赤土の荒野が広がるなど手付かずの自然も多く残っています。


カホオラヴェ島

 

その昔、カホオラヴェ島には200人ほどの先住民が暮らしていたそうです。
しかし、アメリカ軍に収容されてからは海軍の爆撃演習場と化しました。今もなお、不発弾がたくさん埋まっている・・・という理由から観光はおろか一般人すら入ることができません。現在、米軍によって不発弾の処理が進められています。