[ スポンサードリンク ]


人気のカテゴリー
  1. ハワイってどんな島?ハワイってどんな島?
    ハワイ島の魅力がわかります。
  2. ハワイの生活ハワイの生活
    ハワイでの生活に大切な情報はここ…
  3. ハワイに移住しよう!ハワイに移住しよう!
    ハワイに移住しようと決めたら…
  4. ハワイで会社設立しよう!ハワイで会社設立しよう!
    ハワイで会社を設立する時は…

ISLAND


ハワイでのマナー

日本とハワイは国が違う・・・よって、文化やマナーも大きく異なります。日本では何ら問題のない行為も、他国ハワイではご法度なんてこともしばしば。日本には日本のマナー、ハワイにはハワイのマナーがありそれを守るのは当然です。「郷に入れば郷に従え」という言葉通り、移住する国(ハワイ)のマナーに従うことが大切です。

ハワイのチップ

“チップ”は日本人にとって馴染みのない習慣です・・・が、ハワイを含むアメリカではごく当たり前の習慣。ハワイという島に気持ちよく住むためにも、チップに関する知識・理解は必要不可欠です。では、チップについて詳しく見ていきましょう。

ホテル

ホテルではさまざまなサービスがあり、その都度チップを要します。まず、ポーター(部屋まで荷物を運ぶ人)へのチップは荷物1個につき1〜2ドルが基本。ベッドメイキングへのチップは1人1日1〜2ドル、滞在初日〜最終日まで毎日欠かさず置きましょう。部屋が散らかっている場合はチップも多めに・・・。

また、お湯などを運んでくれるハウスキーピングにもその都度1〜2ドルのチップが必要です。しかし、ルームサービスにはあらかじめ15〜20%のチップが含まれていることも。その場合、チップは不要と考えていいでしょう。

レストラン

ハワイでは、食事のあとそのままテーブルで精算・・・というのが一般的。

また、ここでチップの金額を決めることになります。高級店〜庶民的なレストランまで値段&サービスもさまざまですが、普通の食事であれば料金の15%前後がチップとなるでしょう。また、ビュッフェ(自分で料理を取りに行く)スタイルでも10%程度のチップが必要です。ちなみに、レストランでは料理やドリンクの小計額に州税が加算され、合計金額が記された“勘定書”があります。その下に「Gratuity」や「Tip」という項目があり、金額が記入されていることも・・・。よって、まずは勘定書を確認してみましょう。

タクシー

乗車料金に対して、10〜15%程度がチップの目安となっています。

タクシー料金はセントまでの細かい額になるため、端数を切り上げて渡すといいでしょう。ドライバーがスーツケースなどの積み降ろしを手伝ってくれた場合、1個につき1〜2ドルを別に渡します。また、空港のタクシー配車係などが積荷を手伝ってくれた場合にも同様のチップが必要です。この際、荷物1個につき1〜2ドルを目安にしましょう。

その他

バーやプールサイドでドリンクを頼んだ場合、1杯運んでもらうごとに1ドルのチップが必要です。テーブルで後から支払う・・・といった場合には、ドリンク料金の約15%がチップの目安となります。また、ピザや弁当のデリバリーでも同額のチップを忘れずに・・・。ちなみに、セルフサービス式のレストランなどではチップが必要ありません。

喫煙・飲酒事情

 

ハワイは飲酒・喫煙に対する罰則が厳しいことで知られています。

 

まず、公共施設(空港や公園、バスなど)における飲酒・喫煙は一切禁止。他にも、“浜辺でビール”や“酔っ払って街中をフラフラ”といった行為も罰則の対象とみなされます。ハワイでは21歳以下の飲酒および18歳以下のアルコール購入が禁止・・・ということもあり、酒類を購入する際は身分証明書の提示が求められるでしょう。また、喫煙に関しては日本よりもはるかに厳しくなっています。もちろん、歩きタバコやポイ捨ても厳禁。ほとんどの場所が禁煙のため、喫煙コーナー以外では吸えない・・・くらいの覚悟が必要です。


レディ・ファースト

 

ハワイといえど、そこはアメリカです。よって、“レディ・ファースト”であることを忘れずに。バスに乗っていて、近くに女性がいた場合には「Have a seat please(意:お席にどうぞ)」と席を譲ってください。旦那さんが席に座り、その横に奥さんが立つ・・・といった日本人に多く見られる光景もハワイではご法度です。また、ドアを開けて先に通す・・・といった行為もごく当たり前。レディ・ファーストといった言葉を念頭に置き、自然なエスコートができる男性になりましょう。


pagetop