[ スポンサードリンク ]


人気のカテゴリー
  1. ハワイってどんな島?ハワイってどんな島?
    ハワイ島の魅力がわかります。
  2. ハワイの生活ハワイの生活
    ハワイでの生活に大切な情報はここ…
  3. ハワイに移住しよう!ハワイに移住しよう!
    ハワイに移住しようと決めたら…
  4. ハワイで会社設立しよう!ハワイで会社設立しよう!
    ハワイで会社を設立する時は…

ISLAND


ハワイの通貨と物価

通貨や物価というものは、その国々によって異なります。よって、移住ともなれば現地の通貨を覚えなければなりません。また、現地の物価に見合った金銭感覚も必要になるでしょう。そこで気になるのは・・・そう、移住先ハワイの現状です。ここではハワイの通貨とともに、食料品〜交通費までさまざまな物価事情に迫ってみました。

通貨

 

ハワイの通貨単位はUSドルとセントの2種類です。

 

変動相場制を取り入れているため、その日その日でレートが変わります。移住前はもちろん、現地でも逐一チェックしましょう。ちなみに・・・ハワイでの支払手段は現金やクレジットカード、TC(トラベラーズチェック)などが一般的。TCに関しては通用度も高く、多くのレストランやギフトショップで使用できます。また、おつりは現金のためチップ用の少額紙幣にも困らないでしょう。


紙幣と硬貨

ハワイに移住となると、日本で使っているお金“円”をドルに変えなければなりません。最初はわかりづらい・・・というか、どの紙幣or硬貨がいくらかわからないでしょう。ここではハワイの紙幣&硬貨はもちろん、両替について紹介していきます。

紙幣

3枚のお札(1,000円・5,000円・10,000円)でやりくりする日本とは違い、ハワイでは1〜10,000ドルまで合わせて11種類もの紙幣が流通しています。しかし、一般的に出回っているのは1ドル・5ドル・10ドル・20ドル紙幣です。50ドルや100ドルの高額紙幣は、お釣がない・・・といった理由から敬遠されがち。また、偽札かどうか細かいチェックを受けることもあります。

硬貨

日本同様、ハワイでは1セント〜1ドルまで6種類の硬貨があります。しかし、一般的に流通しているのは1セント・5セント・10セント・25セントの4種類。それぞれに別称があり、1セント=ペニー、5セント=ニッケル、10セント=ダイム、25セント=クォーターとなっています。25セント硬貨に関しては公衆電話や自販機、パーキングメーターなどの使用に役立つでしょう。なお、帰国後(ハワイ→日本)は硬貨の両替ができません。移住先で事前に両替しておくといいですよ!

日本円からUSドルへの両替

 

外貨の両替では、その国で強い通貨〜弱い通貨へ替える・・・というのが基本です。よって、USドルへの両替は出発前に日本で済ませておきましょう。

 

日本では都市銀行や地方銀行(本支店)、郵便局、大手旅行代理店、国際線が発着する空港カウンターなどで両替が可能です。両替時のポイントとしては、各紙幣をバランス良く揃えること。10ドル&20ドル紙幣を中心に、チップ用として1ドル紙幣を20〜30枚ほど用意しておきましょう。これらを使い切ってしまったら、今度はハワイで両替です。ハワイでは銀行や空港、ホテルなどさまざまな場所で両替できます・・・が、もっともお得なのは州政府公認の両替所。ロイヤル・ハワイアン通りに数軒あり、その日のレートを比較して両替できますよ!


物価

ハワイに移住する!となると、最も気掛かりなのは“物価”です。一般的にハワイの物価は高いと言われています・・・が、実際はどうなのでしょう? ここでは食料品〜ガソリン代まで、さまざまな物価を紹介していきます。ハワイ移住を考えているみなさんもぜひ参考にしてください。

食料品

ハワイにはいくつかのスーパーマーケットがあり、生活に必要なもの(食料品〜日常雑貨まで)が一通り揃っています。中には日本の食料品が充実しているスーパーもあります・・・が、輸入品ということもありやはり割高(特に魚類や牛乳など)。しかし、お米や牛肉に関しては日本よりも安く購入できます。また、ドリンク類もまとめ買いするとお得です。ペプシコーラで例えれば、350ml缶1ダース(12本)3.79ドルと激安! オサケに関しても、日本よりは若干割安となっています。

日用雑貨

日用雑貨にも色々ありますが、ここでは意外に高い“紙製品”の値段を紹介します。日本では1パック(12ロール)300円前後で売られているトイレットペーパーも、ハワイでは・・・なんと6ドルと倍額! ボックスティッシュに関しては、1箱1〜2ドルという驚きの値段です。しかし、同じ紙製品でも“紙おむつ”に関しては日本とそう変わりません。

ファーストフード

アメリカといえばハンバーガー・・・ということで、ハワイにも多くのファーストフード店が存在します。では、ハンバーガーなどの値段はどうでしょう? 

とあるファーストフード店では、ビッグマック(マクドナルド)に相当するハンバーガーが99セントで売られています。これにドリンクやポテトを組み合わせても、そのお値段は3〜5ドル程度。ハンバーガーによって値段が異なるものの、大きさ&ボリュームを考えると割安です。ちなみに、ワイキキ内ではファーストフードの値段も高めとなっています。

娯楽

マリンスポーツなど無料で楽しめる娯楽もあれば、映画のように有料の娯楽もあります。ここでは、ハワイの映画事情に迫ってみましょう。

まず、ハワイでは話題のハリウッド映画が日本よりも早く封切りされます。さらに、入館料も午後4時までが4.50ドル・4時以降は7.00ドルと格安! ハワイといえば海・・・というイメージですが、映画三昧で過ごすのもハワイ通といえるでしょう。また、CDやビデオなんかも安く入手できます。新譜のCDでも16ドル〜、新譜以外なら10ドル以下ということも。じっくりと品定めして、掘り出し物を探し当てましょう。

その他

ハワイ移住ともなれば、移動手段は欠かせません。そこで気になるのが・・・やっぱりバス代やガソリン代ですよね? バスは1回につき2ドル、“トランスファー”といって別方向&路線に乗り換える場合も1時間以内であれば無料です。ただし、この際にはトランスファーチケットを発行してもらいましょう。ガソリン価格に関しては、1ガロン(約3.8リットル)3.3ドル前後となっています。日本ほど高くはありません・・・が、高騰していることは確か。また、値段もちょこちょこ変動するため移住の際は要チェックです。

pagetop