[ スポンサードリンク ]


人気のカテゴリー
  1. ハワイってどんな島?ハワイってどんな島?
    ハワイ島の魅力がわかります。
  2. ハワイの生活ハワイの生活
    ハワイでの生活に大切な情報はここ…
  3. ハワイに移住しよう!ハワイに移住しよう!
    ハワイに移住しようと決めたら…
  4. ハワイで会社設立しよう!ハワイで会社設立しよう!
    ハワイで会社を設立する時は…

MIGRATION


ハワイの住宅事情

ハワイ移住では、まず住む場所を確保しなければなりません。お金に余裕のある人であればハワイに家を建てる、また中古の家を買う・・・なんてこともできるでしょう。しかし、たいていの人はコンドミニアムやアパートといった賃貸物件に住むこととなります。賃貸物件とは言っても、日本のものとは家賃&条件ともに大きく異なるはず。

ハワイの物件と相場

移住となると、やはり気になるのが・・・ハワイの住宅事情です。

 

全米一高いとされるホノルルの家賃相場は、スチューディオ(いわゆる1DK)タイプで600〜1,000ドルくらい。2LDKに相当する2ベッドルームだと、1,200〜1,600ドルくらいが相場となっています。この全米一高い家賃を無理なく支払い続けるには、なんと年間所得48,900ドルを要するとか・・・。ハワイの最低時給6.75ドル(約800円)を考えると、家賃相場の高さがわかるでしょう。

物件の探し方

ハワイでは不動産価格の高騰により、数少ない賃貸物件が売りに出される・・・といった状況が続いています。よって、ハワイには賃貸物件の空きを待つ人が溢れているとか。そんな“貸し手市場”のハワイにおいて、どのような物件探しをすればいいのでしょうか? ハワイのアパートや家を探す方法として、まずは“新聞”があげられます。新聞の賃貸欄(または折り込み広告)に家賃や連絡先、建物のある地域などが記載されているので気になる物件があったら即電話しましょう。また、興味のあるコンドミニアムを見つけたら、ぜひ一度足を運んでみてください。1階ロビーには、賃貸情報のある掲示板があるはずです。

ハワイのオススメ居住地

せっかく住む場所が決まっても、治安や利便性が悪ければ落ち着いて住むことが出来ません。ここでは、ハワイの中でも治安&利便性ともに良いとされる地域を紹介します。

ワイキキ

オアフ島にあるホノルル市はアラワイ運河やカピオラニ公園、ワイキキ・ビーチに囲まれた観光業の中心地。観光者向けのホテルはもちろん、居住用のコンドミニアムやアパートが多数ある便利かつ比較的安全なエリアです。一通りの交通(バスやトロリーなど)が揃う一方、イベント時には混雑するでしょう。ちなみに・・・コンドミニアムの家賃相場は海に近づくほど高くなります。

アラモアナ

アラモアナは、ワイキキの西側に隣接する地区です。住居に関しては、多くの観光客で賑わうアラモアナ・ショッピングセンター周辺に点在。コンドミニアム〜アパートまで、さまざまな住居があります。絶景が望める高級コンドミニアムには、日本の著名人も多く住んでいるとか・・・。また、山側のリーズナブルなコンドミニアムやアパートには学生が多く住んでいます。

マノア

アラモアナ・ショッピングセンターの山側に位置する、のどかな住宅地。ワイキキやダウンタウンも近く、便利なロケーションといえるでしょう。名門のプナホウ・スクールやカピオラニ病院、教会もこのエリアにあります。低層〜海を望める高層のコンドミニアムまで、物件&価格ともにさまざま。また、ハワイ大学に近いことから学生向けアパートも多数あります。

コンドミニアムとは?

 

ハワイ移住にあたって、最も人気のある物件は“コンドミニアム”です。

 

コンドミニアムとは、賃貸型リゾートマンションのようなもの。個々のユニットに所有者がいて、使用しない期間は管理会社にまかせて旅行者へ貸し出す・・・バケーション・レンタルというタイプ。また、ホテル形式となっているタイプの2種類があります。ワイキキにあるコンドミニアムは、30〜40階建ての高層ビルタイプがほとんど。一方、郊外では低層や貸し別荘タイプのビラも多く見られます。また、ホテルのような各種サービスは充実していません。その代わりプールやテニスコート、バーベキューグリルといった施設が充実しているようです。コンドミニアムを住居とする移住者も多く、人気の物件といえるでしょう。


ハワイの駐車場&ペット事情

 

ハワイに長期滞在するならば、車は必要不可欠です。よって、駐車場も欠かせません。家賃が高い=駐車料金が含まれている、また家賃が安い=駐車料金が別途というところもあるのできちんと確認しましょう。ちなみに・・・ワイキキ内の駐車料金は、1台につき月額50ドル以上とされています。駐車料金込みであれば、この分を差し引いた金額が本当の“家賃”と考えていいでしょう。また、ペットに関してはOKなところとそうでないところがあります。アパートやコンドミニアムの規約ではOKだとしても、そのオーナーがNGという場合も・・・。契約前に、あらかじめ確認しておきましょう。


pagetop