[ スポンサードリンク ]


人気のカテゴリー
  1. ハワイってどんな島?ハワイってどんな島?
    ハワイ島の魅力がわかります。
  2. ハワイの生活ハワイの生活
    ハワイでの生活に大切な情報はここ…
  3. ハワイに移住しよう!ハワイに移住しよう!
    ハワイに移住しようと決めたら…
  4. ハワイで会社設立しよう!ハワイで会社設立しよう!
    ハワイで会社を設立する時は…

MIGRATION


ハワイへの移住準備スケジュール

ハワイ移住を決めたものの、何から手をつけていいのやら・・・と悩んでいる人もいるはずです。国内移住ならともかく、海外移住ともなるとその準備に時間がかかります。何事も準備が肝心・・・ということで、少なくとも1年間はその準備に時間を費やすといいです。

下見〜引越しまで日本でしておくこと

ここでは、移住の1年前〜出発前日までのスケジュールについて紹介していきます。思い立ったら即行動!という人もいますが、移住には何より準備が大切です。ぜひ、参考にしてください。

あと1年

ハワイに関する情報を集めたら、百聞は一見にしかず・・・さっそく現地の下見へ向かいます。移住候補地に1週間ほど滞在、実際にどんなところなのか体験してみましょう。帰国後、現地で得たデータをもとに生活費などを考えていきます。現在の移住資金からどの程度の生活が送れるのか・・・いわゆるファイナンシャルプランです。

 

あと半年

移住地が決定したら、現在の住まいについて考えていきましょう。持ち家である場合、3つのオプション(空き家、賃貸、売却)から選択できます。頻繁に帰国する、またいずれは日本へ戻ってくる・・・というのであれば空き家がベスト。また、当分は帰国しない・・・というのであれば、賃貸という形がいいでしょう。ハワイにて不動産を購入しよう・・・と考えている人は持ち家を売却、またその資金を購入に充てるという方法もあります。

 

あと2ヶ月

移住が迫り、心ここにあらず・・・といった時期です。しかし、ここはじっくり構えましょう。まず、移住前にもう一度ハワイ入り。どのエリアに住むのか、また住居の種類(コンドミニアムやアパート、一軒家など)など・・・具体的なことを検討していきます。また、銀行口座の開設もこの時期がいいでしょう。ハワイでは小切手の支払いが多くなるので、当座預金の開設をオススメします。

 

あと1ヶ月

さぁ、憧れのハワイ移住まであと1ヶ月。ここからは、移住に向けたさまざまな手続きをしていきましょう。ビザの申請や引越し業者の手配、また海外転出届けなどを行います。また、リタイア移住の人は年金受け取り手続きなども忘れずに・・・。現在、加入している生命保険や医療保険などの見直しもこの時期が最適です。

 

あと2週間

ハワイ移住まで、あと1ヶ月を切りました・・・ここからが正念場です。まず、ハワイでも使える国際免許証を取得しましょう。申請方法などについては、各都道府県の警察署へお問い合わせください。また、海外移住する場合にはその年の住民税(前年度の所得に応じて課税される)分を支払わなければなりません。出国前に一括払い、また口座引き落としの手続きをしましょう。その他の定期的な支払いに関しても、口座引き落としの手続きが必要です。

 

あと1週間

ハワイ移住も目前・・・となったら、日本でのライフラインを整理していきましょう。まず、水道光熱(電気やガス、水道など)の解約または休止手続きをします。固定や携帯電話、インターネットプロバイダーといった通信手段の手続きも忘れずに・・・。また、郵便局への転居届けも必要です。

 

前日

日本での生活も明日まで・・・となると、少し寂しさがこみ上げてきます。しかし、そんな寂しさに浸っている場合ではありません。そう、一番の重労働“引越し”が待っています。中でも、意外と大変なのが・・・不用品の処分。知人に譲る、またオークションにかけるなど予め準備しておきましょう。また、梱包〜書類作成までを行ってくれる引越し業者もあるのでぜひ活用してみてください。

到着後、ハワイでしなければいけないこと

1年間という準備期間を経て、念願だったハワイ移住を果たしました。しかし、現地でもやるべきことは沢山あります。ここでは、移住初日〜1年後のスケジュールを追ってみました。

当日

南の島、ハワイに到着・・・おめでとうございます! 現地ですべきことは沢山あります・・・が、ここはまずゆっくり休みましょう。少なくとも当日、できれば2〜3日はホテルやサービス付きのコンドミニアムで引越し&長旅の疲れを取ることも大切です。

 

翌日〜2週間後

さて、引越し&長旅の疲れが取れたら・・・今度はハワイの住居へ移動します。住居が決まっていない場合、まずは住居探しからはじめましょう。住居が決まったら、ライフライン(水道、電気、インターネットなど)の引き込みを開始します。電話に関しては、携帯電話でも何ら問題ありません。また、さまざまな届出(外国人居住届出や在留届など)も忘れずに・・・。

 

1〜3ヵ月後

ハワイでの生活に慣れてくる時期・・・万が一に備えて、現地の保険会社と医療保険に加入しましょう。医療や保険に関しては、【ハワイの生活事情】で詳しく紹介しています。ぜひ、参考にしてください。

pagetop