[ スポンサードリンク ]


人気のカテゴリー
  1. ハワイってどんな島?ハワイってどんな島?
    ハワイ島の魅力がわかります。
  2. ハワイの生活ハワイの生活
    ハワイでの生活に大切な情報はここ…
  3. ハワイに移住しよう!ハワイに移住しよう!
    ハワイに移住しようと決めたら…
  4. ハワイで会社設立しよう!ハワイで会社設立しよう!
    ハワイで会社を設立する時は…

LIFE


ハワイへの通信事情

携帯電話やインターネットなど、今の日本人にとって何らかの“通信手段”は必要不可欠です。しかし、それらも国が変われば使い勝手も変わるはず。そこで、今回はハワイの通信事情に迫ってみました。電話や携帯電話、インターネットなどさまざまな通信事情を見ていきましょう。

ハワイの電話事情

 

日本人にとって、電話(携帯電話を含む)は欠かせません。日本では何の躊躇もなく気軽に利用している電話・・・ですが、ハワイではどうなのでしょう?

 

ハワイでは固定電話から携帯電話、現金からプリペイドカードと電話も支払い方法も多様化しつつあります。その中から、新しい支払い方法とされる“プリペイドカード”に注目してみました。空港などで買うことの出来るプリペイド式国際電話カードは、3,000円〜10,000円と価格もさまざま。ABCストアなどでも入手できるため、そんなに高額なものは必要ありません。操作方法は、まずカードに記載されているフリーダイヤルへ電話をします。すると日本語ガイダンス(日本で購入したカードに限る)が流れるので、それに従ってカード番号やスクラッチ式の暗証番号を入力しましょう。次に、国番号から相手の番号を入れると通話ができます。ただし、操作方法は電話会社によって異なるためきちんと確認しましょう。


ハワイの携帯電話事情

海外で携帯電話を利用する方法はおおよそ2種類。まず1つは、海外専門の携帯電話レンタル・サービス。もう1つは、普段自分の使っている携帯電話会社の転送サービスです。この2つを比較、検証してみましょう。

レンタルサービス

レンタル会社の電話は海外専用の番号が与えられるため、現地を移動して仕事する人たちや仲間同士の連絡に便利。クレジットカード各社や航空会社などとの提携で、機器レンタル料が無料(または割引)になる特典を設けている会社も多いとか。その場合、通話料に規定のミニマムチャージがかかる場合もあるので事前に調べておきましょう! 通話料に関しては、日本から電話をかけた人が負担しなければなりません。

転送サービス

日本国内の仕事先や家族といつでも連絡が取れる状態でいたい・・・という人には、この転送サービスがオススメです。また、急な渡航を周囲に知らせていないという人にも便利なサービスとなっています。気になる通話料金ですが、日本から電話をかけた人は国内同様の通話料のみ負担。逆に、契約者は日本から着信があるたびに国際電話料金が課されこととなります。

ハワイのインターネット環境

 

日本人の生活にすっかり溶け込んだ、eメールやインターネット。ハワイにもパソコンを持参、インターネットを接続しよう・・・と考えている人も多いでしょう。最近のノート型パソコンは軽いため、持ち運びも十分可能となりました。ただし、飛行機に持ち込む際は必ず手荷物(機内持ち込み)にすること。間違っても、預け荷物の中に入れてはなりません。また、帰りの手荷物検査ではパソコンの電源を入れるよう要求されることも・・・これは以前パソコン型の爆発物が発見されたからだそうです。いずれにしろ、今は海外にもパソコンを持っていく時代。海外でのインターネット接続方法は“海外ローミング”といい、大手プロバイダーなら必ずサポートサイトに説明があります。移住を前に、きちんと確認しておきましょう。また、ハワイ(特にワイキキ周辺)にも日本でおなじみのインターネット・カフェがあります。アクセス状況もよく、ドリンクやフードメニューも充実しているのでぜひお試しください。


ハワイのテレビ・ラジオの日本語放送

テレビを見てもどうせ英語だし・・・とあきらめている人、いませんか? ハワイでは、KIKU TV(キクテレビ)とNGN(有料ケーブル)で日本のテレビ番組を見ることができます。KIKU TVでは週30時間以上も日本語放送がされていて、ほとんどの番組に英語の字幕スーパーがついています。また、NGNでは主にNHKニュースや民放の人気番組が放送されるとか。日本映画専門チャンネルなどもあり、昔懐かしいもの〜最近のものまでさまざまなジャンルの映画が楽しめます。また、日本語放送のラジオ番組(K―JAPANやRADIO KZOO)もあるのでぜひチェックしてみてください。

pagetop