[ スポンサードリンク ]


人気のカテゴリー
  1. ハワイってどんな島?ハワイってどんな島?
    ハワイ島の魅力がわかります。
  2. ハワイの生活ハワイの生活
    ハワイでの生活に大切な情報はここ…
  3. ハワイに移住しよう!ハワイに移住しよう!
    ハワイに移住しようと決めたら…
  4. ハワイで会社設立しよう!ハワイで会社設立しよう!
    ハワイで会社を設立する時は…

LIFE


ハワイの仕事事情

ハワイ移住という夢を叶え、次に待っているのは・・・とても厳しい現実です。そんなお金を得るには・・・そう、働くしかありません。では、さっそくハワイの仕事(就職)事情を見ていきましょう。就労ビザや日本人の就職事情、またその職種など説明や。給料の相場や支払い体系についてお話しています。ハワイでのんびり過ごすにも、最低限のお金は必要です。

ハワイで就職するには

常夏の島、ハワイで働いてみたい!と願う人は多いでしょう。しかし、海外で働くとなるとまずクリアしなければならない問題が・・・そう、就労ビザです。

 

ハワイで働く日本人は“グリーンカード”や“就労ビザ”、また海外の短大や大学を卒業すると発行される“OPT(12ヶ月間フルダイムで働ける)ビザ”などいずれかのビザを持っています。他にも、アメリカの企業で研修を目的とした労働が許される“インターン(J-1)ビザ”などがありますよ。ハワイで働きたい・・・と考えている人は、まずこれらのビザを取得して働くチャンスを得るのもいいでしょう。

ハワイの就職事情

 

ハワイ移住といっても、生活していくにはお金が必要です。お金に余裕のある人はともかく、殆どの人は何らかの仕事を探さなければなりません。

 

そこで、今回はハワイの就職事情を見ていきましょう。幸い、ハワイには安月給ながらも多くの仕事があります。日本人観光客が押し寄せる一方、それらに対応できるスタッフ(日本語を話せる人)不足が要因だとか・・・。よって、観光客を相手とした“接客業(特にレストラン)”は多く募っています。ウェイターやウェイトレスはもちろん、意外に多いのは“寿司職人”です。他にも旅行会社のコーディネーターやガイド、ショップの店員などさまざまな職種が見られます。中でも、特殊技能を要する仕事に関しては給料も高め。一方、誰にでも出来るような仕事は収入もあまり期待できません。


日本人の就職事情

日本人を必要とする職種こそが、ハワイで就職できる仕事となります。

 

例えば・・・旅行関係や結婚式プロデュースといった仕事では、日本人に対する接客業務が欠かせません。よって、日本的な接客マナーや日本文化に対する理解などが必要です。また、スポーツのインストラクターには必ず日本人スタッフがいます。これは、危険回避のために正確な日本語で講習を行う必要があるからです。クレジットカード会社のヘルプデスクに日本人が多いのも、同等の理由といえるでしょう。逆に、観光関連であっても日本人を要さない仕事(レンタカーやホテル、飲食店など)もあります。これは現地の人材、またそのレベルで十分・・・と考えられているからです。ハワイで就職する際、日本人観光客を相手にするか否か・・・という点を重視してみましょう。

ハワイの月給相場

ハワイは“安月給”とされ、月額1,000ドルからはじまる職種があるほど。中でも、接客業はその代表的な職種といえるでしょう。しかし、接客業にはお客様から直接もらうお給料=チップがあります。それを上乗せ・・・と考えれば、それほど安くはありません。また、人気の職種“ホテルスタッフ”に関しても最初は2,000ドル程度・・・と少なめ。ハワイ移住という夢を叶えたら、安月給という名の現実が待ち構えています。それを想定した上で、移住前にある程度の貯蓄をしておきましょう。

ハワイの給料体系

1ヶ月に1回の給料、これは日本の常識です。

 

しかし・・・ハワイでは2週間に1回、つまり1ヶ月に2回の給料が一般的。支払い方法も日本とは異なり、チェック(個人用小切手)が主流となっています。また、所得税率も自分で選ぶことが可能。0〜3までの段階があり、0の納税率が最も高くなっています。その違いとして、納税方法があげられるでしょう。0のケースでは毎月かなりの納税額が要求される一方、年末調整時には過払い分として戻ってきます。3の納税率は極めて低く毎月の支払いもラク・・・ですが、年末調整時には不足分として一括請求されるでしょう。自分の生活状況を考えて、最もふさわしい税率を選択してください。

pagetop